So-net無料ブログ作成

野崎まいりウォーキング [旅行]

2014年5月4日 日曜日(みどりの日)
最低気温11.1℃
最高気温25.8℃
一日中晴れ

今日は祝日「みどりの日」です。
みどりの日は4月29日だったはずですが、いつから変わったのでしょうね。忘れてしまいました。(笑)

「野崎まいりクルージング&ウォーキングツアー」の続きです。
このツアー、前半がクルージングで後半はウォーキングです。
住道から野崎観音まで歩くのですが、ここからは「大東市観光ボランティアガイド やまびこ」の3名が案内をしてくれます。
住道近辺ではクルージングをしてきた寝屋川と恩智川に分かれるところです。
この別れた川の間に、住吉神社があります。見落としてしまいそうなくらい小さいです。
住道2.jpg
「住吉大明神」と書かれてます。
住道1.jpg
「住道」の地名の由来は、ここから西に向かって「住吉大社」へ通じる「道」があったことからきてるそうです。「やまびこ」さんの解説です。
ここから寝屋川に沿って北上します。
両皇大神社です。深野新田会所跡だそうです。
住道3.jpg
さらに寝屋川に沿って北上します。西村橋で東に進路を変え、観音道を東進します。
野崎観音のある山が見えてきました。
住道4.jpg
JR学研都市線(片町線)の踏切を超えると、観音浜です。
住道5.jpg
この後大東市立歴史民俗博物館に立ち寄り、休憩かたがた学芸員の説明を聞きます。
ここの館長は、われわれが乗ってきた船で別のツアー客の解説のために船に乗って八軒家浜を目指しているそうです。
休憩ののち、専應寺へ。
住道6.jpg
この専願寺境内に「太子堂」があります。
住道7.jpg
太子堂のわきを通って野崎観音(正式名は「慈眼寺」)です。
住道8.jpg
「やまびこ」の解説によれば、野崎観音は隠れキリシタンの教会であったらしいです。
確かに、正門は竜宮城のような中国風の門になってます。
写真WEB.jpg
お染久松の塚です。
住道9.jpg
この話フィクションだと思っていたのですが、実在の事件だったそうです。墓は別の所にあるそうで、野崎観音には「塚」があるだけです。
このツアー、野崎観音で解散となりました。
このあと、西門(大半の人が瀬尾門と思っている門)を抜けて西にまっすぐ向かいます。
正面がJR野崎駅です。

行程の地図を載せたかったのですが、時間切れで地図無しでアップする、今日この頃です。

nice!(52)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

野崎まいりクルージング [旅行]

2014年5月3日 土曜日(憲法記念日)
最低気温15.5℃
最高気温24.2℃
一日中晴れ

昨日、大東市が主催した「野崎まいりクルージング&ウォーキングツアー」と言うものに参加してきました。
京阪電車の天満橋駅にある八軒家浜船着き場から、昔ながらの船で野崎まいりをするという企画です。
また、船上では大東市立歴史民俗博物館館長による野崎まいりにかかわるお話と、桂出丸さんの落語「野崎まいり」を楽しみながらクルージングを楽しむ、と言うものです。
親友のT.F.さんが申し込んでくれていて、抽選で当たったということで二人で出かけました。

八軒家浜に到着した船です。えらく小さいです。
野崎1.jpg
出港しました。天神橋です。
野崎2天神橋.jpg
水陸両用バスとすれ違いました。右に見えるのが川崎橋です。
野崎3.jpg
京阪電車の鉄橋です。寝屋川に入っていきます。
野崎4.jpg
乗船客には編み笠を貸し出されました。天気が良いので日差しがきつく、気が利くサービスです。正面に大阪城ホールの屋根が見えてます。
野崎5.jpg
大阪城です。めったに見れない川上から見る大阪城です。
野崎6大阪城.jpg
大阪環状線が見えてきました。左手が京橋駅ですね。
野崎7.jpg
この日は満潮に近いので橋の下の空間が少ないです。三味線のお姉さんが頭を下げて曲を弾いてます。
野崎8.jpg
いよいよ、桂出丸さんの落語「野崎まいり」が始まりました。左が三味線のお姉さん、真中が出丸さん、左が博物館の館長です。
野崎9.jpg
生駒山系が見えてきました。いい天気です。日焼けもひどいです。
野崎10.jpg
橋の上では、大東市の関係者が出迎えてくれてます。
野崎11.jpg
終着の仮設桟橋です。
野崎12.jpg
最近は珍しくなくなった地域のゆるキャラ、大東市の「ダイトン」です。
野崎13.jpg
なんと、仮桟橋は橋とつな慣れてます。しかも橋の欄干の一部を切り取ってます。こんなことしょっちゅうできないでしょうね。
野崎14.jpg
乗ってきた船と、仮設桟橋と、仮設階段と、欄干を切り取った橋、です。
野崎15.jpg
この間約1時間でした。
陸地に戻って、昼食を取って、陸路で野崎観音に向かうのですが、次回に続きます。

川の写真はもっとあるのですが、容量の関係でこの程度しかうっぷできないのが残念です、と嘆く今日この頃です。

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仙台市内周遊 [旅行]

2014年4月28日 月曜日
最低気温15.3℃
最高気温20.3℃
曇り時々雨

旅行の続き、3日目、最後です。

竿後の日は、仙台市内周遊です。「るーぷる仙台」と言う乗り降り自由の巡回バスを利用して、仙台市内のハイライト散策と桜鑑賞です。
仙台駅前のバスターミナルからるーぷる仙台に乗ります。
仙台1.jpg
修学旅行の生徒さんがグループ行動でこのバスに数グループ乗ってきたので最初のバスは乗れませんでした。
それで、臨時バスが出ました。
最初の下車は、瑞鳳殿。伊達正宗の霊屋です。
バス停から瑞鳳殿までの道にあった枝垂桜です。
仙台2.jpg
瑞鳳殿です。
仙台3.jpg
次は仙台城址。仙台城と書かれるとピンときませんね。青葉城の方が有名だと思いますが、正式名は仙台城だそうです。
青葉城址の桜です。満開です。きれいです。
仙台4.jpg
青葉城から市内が一望できます。仙台駅方面です。
仙台5.jpg
北方向です。広瀬川がみえます。
仙台6.jpg
次に向かったのが宮城県美術館です。
仙台7.jpg
彫刻家佐藤忠良氏の記念館が併設されています。
作品の撮影はできませんでした。撮影禁止とは書かれていなかったのですが。
このあたりでスマホのバッテリーが切れて写真が取れなくなりました。
このあと、三居沢水力発電所、メディアテーク、最後に青葉通一番町のアーケード街を散策し、仙台駅へ。
仙台駅でスマホ充電し、仙台駅前を撮影。
仙台8.jpg
いよいよ仙台空港に向かって帰阪です。
仙台9.jpg
仙台急行に着きました。周りは真っ暗です。
仙台10.jpg
今日もたくさん歩きました。足が棒です。

万歩計を持ってくれば良かったな、と反省する今日この頃です。

nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宮城県大河原町の桜 [旅行]

2014年4月27日 日曜日
最低気温13.8℃
最高気温24.3℃
一日中快晴

旅行の続きです。2日目の午後です。
午前中は白石市の白石城の桜を見ましたが、午後は大河原町の桜です。
「白石川堤一目千本桜」ですが、JR東日本の大河原駅と船岡駅の間の白石川に沿ってありました。

大河原駅に到着です。
大河原1.jpg
白石川の両岸に満開の桜が。
大河原2.jpg
大河原3.jpg
対岸の桜の後ろに雪山です。関西では煮られない景色ですね。4/24のブログにコメントを頂いた藤原さん、本当に「雪山に桜」最高ですね。
大河原4.jpg
大河原5.jpg
ここの桜の木には、一本一本番号が付けられてます。
大河原6.jpg
石碑がありました。
大河原7.jpg
大河原駅から1.4kmほど歩きました。あと2kmあるようです。足が痛くなってきました。
大河原8.jpg
東北本線です。直線部分が長いです。電車が近づいてきました。
大河原9.jpg
大河原10.jpg
船岡駅近くの白石川にかかる橋からの眺めです。
大河原11.jpg
この後、船岡城址の桜も見に行きましたが、時間が無く駆け足で船岡駅と往復したので写真を撮る時間がありませんでした。
船岡駅から仙台駅に。仙台駅で名物の「ずんだ餅」を食べました。
大河原12.jpg
もちは3個あったのですが、右の持ちを食べてしまってから写真を撮るのを忘れていてあわて写真を撮ったので2個しか写ってません。

たいした距離は歩いていないのに足が棒になって、年を感じる今日この頃です。


追伸
Nさん、昨日は有難うございました。仙台行はほんとだったでしょう。
nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仙台近郊の桜 [旅行]

2014年4月24日 木曜日
最低気温 9.8℃
最高気温24.4℃(今年最高)
一日中快晴

旅行の続きです。2日目です。
2日目が今回の旅行の主たる目的です。
桜を見ることです。
仙台から東北本線で南に下ること40分、大河原町があるのですが、ここを流れる白石川の両岸の桜が見事だ、と言うことで4月中旬のピーチの格安フライト便を選んだ次第です。
「白石川堤一目千本桜」と言うそうです。
https://www.google.co.jp/maps/search/%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%B7%9D/@38.0450885,140.7354243,14z
しかし、仙台の旅行案内ではさらにその南の白石市に白石城とともに桜の名所があるとのことで、さらに足を延ばして白石市に。
白石1.jpg
なぜか、駅の中に鎧が。
白石2.jpg
駅の様子
白石3.jpg
白石市の街並み。街灯には釣鐘のモニュメントをあしらってます。
白石4.jpg
こちらは駕籠の街灯です。
白石5.jpg
白石城と桜です。タイミングよく満開でした。
白石6.jpg
白石7.jpg
満開の桜です。
白石8.jpg
桜の向こうには雪山が。大阪では観ることができない景色です。
白石9.jpg
白石駅に戻り昼食です。
ここ白石市の名物は、ウーメン(温麺)です。看板を見たときは女性の複数形かと思いました。
白石10.jpg
特にコメントを付ける必要はない味でした。大阪のうどんと変わりません。
昼食の後は、いよいよメインの「白石川堤一目千本桜」を目指して再びJR東北線に乗車です。

1時間に2本しかない電車で乗り遅れそうになりましたが、電車が待ってくれました。
JR東日本に感謝、の今日この頃です。

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仙台名物 牛タン [旅行]

2014年4月22日 火曜日
最低気温13.1℃
最高気温18.6℃
一日中曇り

松島&仙台旅行の続きです。

足が棒になったので、瑞巌寺は拝観はせずに自転車で通り抜けることに。
瑞巌寺1.jpg
この門を通り抜けたところで自転車の走行を止められました。「歩いて通り抜けろ」とのことでした。道路から続いていたのでここもその延長線だと思っていましたが、すでに境内でした。失敗、失敗。
瑞巌寺2.jpg
瑞巌寺3.jpg
瑞巌寺4.jpg
自転車を置いて歩くも、すでに足が棒になっていましたので、ここであきらめて、松島海岸駅に向かいます。
瑞巌寺5.jpg
松島海岸駅のプラットホームからの風景です。
瑞巌寺6.jpg
仙台駅に到着です。
夕飯は仙台名物の「牛タン」?
瑞巌寺7.jpg
実は牛タンは苦手なので「仙台牛」のステーキとなりました。
この牛タン屋さんで、なぜ仙台名物が牛タンなのかを聞きました。
太平洋戦争後、仙台には米軍が進駐していたわけですが、その米人たちが牛肉をたくさん食べるわけですが、タンは米人たちは食べないわけですね。美味しくないから。
そこで、戦後の食糧難の仙台の人たちはその廃棄になるタンを何とかして美味しく食べられないか、と工夫したのが始まり、との説明でした。
大阪でいえば、「ホルモン焼き」と同じだということですね。納得した次第です。

美味しい美味しい仙台牛のステーキで幸せを感じる、今日この頃です。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本三景 松島 その2 [旅行]

日本三景 松島 その2

2014年4月21日 月曜日
最低気温12.2℃
最高気温19.7℃
曇り時々雨

松島旅行の続きです。
今回の旅行で実感したのですが、3年前の東日本大震災の爪痕がここかしこに残ってました。3年と言うのは長いようで短いですね。まだまだ復興が行き届いてません。
仙石線も松島海岸駅の次の駅の高城町駅までしか運航してません。この駅から先は陸前小野駅までバス運行で陸前小野駅から石巻駅までが鉄道となってます。
松島11.jpg
合掌
さて、遊覧船では松島の絶景が観られないことが分かり地元の人に良いスポットがないか教えてもらいました。
「西行戻しの松公園」が良いとのこと。徒歩では遠いとのことで、レンタサイクルを借りて行きました。かなりきつい登りです。
桜はまだつぼみですが、松島湾が一望できます。
松島12.jpg
桜が満開でないのが残念です。
松島13.jpg
次に向かったのは「雄島」。この雄島は松島の地名発祥の島だそうです。
松島14.jpg
雄島からの松島湾風景。
松島15.jpg
松島16.jpg
松島17.jpg
松島18.jpg
写真には取れませんでしたがこの雄島、ウミネコのコロニーになってました。いたるところにウミネコがいました。足元は白いフンだらけ。
次に行ったのは、「福浦島」。
松島19.jpg
福浦橋を渡って島に行きます。
松島20.jpg
松島21.jpg
人なつこいウミネコです。橋の欄干から海を見てます。何を考えているのでしょうか?
松島22.jpg
福浦島からの松島湾です。
この島、構大きくて一周したら足が棒になってしまいました。自転車で丘登りしたのがこたたようです。
この後、瑞巌寺などを回る予定でしたが、諦めて松島海岸駅まで変えることにしました。

この後仙台駅に戻り夕食となりますが、次のブログで、と言う今日この頃です。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JR東日本のIC乗車券と切符の運賃 [旅行]

2014年4月20日 日曜日
最低気温 8.6℃
最高気温16.1℃
曇り時々雨

今回の旅行で、消費税増税後に初めてJR東日本の列車に乗車したわけですが、メディアでの報道では、切符の運賃よりもIC乗車券の方が安くなる、となっていましが、実態は違っていました。
今回の旅行で仙台空港駅から松島海岸駅まで行程では飛行機到着から列車出発時間があまりなかったので駅の料金表を見なかったのですが、松島海岸駅から仙台駅に戻るとき待ち時間が20分以上あったので、じっくり運賃表を見ました。
松島7.jpg
すると、IC運賃の方が高い区間があるではないですか。
IC乗車券の方が高くなる区間も存在してました。
なぜ、報道と実態は違っていたのか。
調べてみると、国土交通省の指針では、原則、IC乗車券はきっぷや現金支払よりも同額または安価を基本と記載されているようですが、JR東日本では正確に消費税5%から8%への2.86%の上乗せをした金額で1円未満を切り捨てた額をIC乗車券の運賃とし、切符の運賃はその正確な値上げ運賃を10円未満を四捨五入して決定したようです。
http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131209.pdf
この方法なら、必ずIC乗車券の方が安くなるということはないですね。
メディアの報道方法に問題がありますね。

と言うことで、今回の仙台旅行では事前にネットで運賃を確認してからIC乗車券か通常の切符かを選んでJRに乗車しました。
しかし、関西圏しか利用できなかったIC乗車券のPiTaPaがJR東日本でも利用できるようになったのは便利ですね。

旅の話がわき道にそれましたが次は松島の話を、とネタを引っ張る今日この頃です。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本三景 松島 その1 [旅行]

2014年4月19日 土曜日
最低気温10.6℃
最高気温19.9℃
一日中快晴

仙台旅行初日の4月15日は、日本三景の一つ、松島に行きました。
関西空港からピーチで仙台空港に、仙台空港から仙台空港アクセス線で仙台へ、仙台からJR仙石線で松島海岸まで。
仙台空港アクセス線は名取駅までは単線でした。名取駅からは東北本線となり複線になってました。
仙石線の仙台駅は地下になってます。仙台駅から3駅目の苦竹駅の手前までは地下を走ります。この仙石線、仙台駅を出たときは複線だったのですが、どこからか単線になってました。松島海岸駅に到着したときは単線でした。
帰阪してから調べてみると東塩釜駅までは複線でそこから先が単線となってました。
仙台空港から1時間20分ほどで松島海岸駅に到着です。
松島1.jpg
さっそく船に乗って島めぐりです。
松島2.jpg
旅の友は「ウミネコ」です。
松島3.jpg
松島湾の島です。
松島4.jpg
松島5.jpg
松島を船で巡るのは失敗でした。絶景の感動はありません。
遠景で楽しむものですね。
約1時間の島めぐりで船着き場に帰ってきました。
松島6.jpg
この後、松島の絶景を求めてレンタサイクルで走り回りますが、その模様は次のブログで。

久しぶりのブログネタ満載の旅だったので何回引き延ばせるのか楽しみな、今日この頃です。

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

はじめての仙台旅行 [旅行]

はじめての仙台旅行

2014年4月18日 金曜日
最低気温12.8℃
最高気温19.9℃
雨のち晴れ

先日の4月15日から17日の三日間、松島や仙台に行ってきました。
東北地方への旅行は人生はじめての旅行となります。
国内の都道府県で足を入れたことがないところは、南から宮崎県、栃木県、福島県、山形県、宮城県、秋田県、岩手県、青森県の8か所でしたが、一つ減りました。(笑)
昨日の帰阪が23時頃でして、写真の整理ができてません。
今回の仙台行きは、完全に衝動旅行でした。
ピーチからのダイレクトメールで仙台行きの運賃が片道2,980円とあったので、思わずネットで衝動買いしてしまいました。
行きと帰りのフライト日時が決まっただけで旅行してきました。
明日から数回に分けて、仙台旅行の顛末をブログに書いていきます。

ハード日程でバテバテの、今日この頃です。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。