So-net無料ブログ作成
検索選択

マンチェスターユナイティッド対レアルマドリード [サッカー]

2013年3月6日 水曜日
最低気温 3.2℃
最高気温15.6℃
一日中快晴

春らしい一日でした。スギ花粉もいっぱい舞っていたようです。
結構花粉症来ました。(涙)

さて、早朝試合があったマンチェスターユナイティッド対レアルマドリードの2ndLeg.を3時間遅れでビデオ観戦しました。
前半は、両者とも中盤の厳しいプレスでゴール前のチャンスが少ない展開でしたが、緊迫した楽しい試合展開でした。
マンUはゲームプラン通りだったのでしょうね。
ただ、マンUの先発メンバーはいささか疑問の残るメンバーではありました。
ナニとギグスの先発は不可解ですね。バレンシアルーニーの先発が妥当だったように思いますが、ファーガソンの戦略はどのような意図だったのでしょうか?
レアルは納得の先発でした。

後半早々、ウェルベックのゴール(と私は思ってます。記録はオウンゴールですが。)でマンUが先制。
俄然、マンUが有利になりました。
ところが、後半10分ころにナニが一発レッドです。あれはイエローでしょう。
この審判の厳しすぎる(レアルに買収されたのでは?と思えるようなひどい)判定で、おもしろいほど拮抗していたゲームは崩れていきます。
モウリーニョの対応も早かった。10人になったマンUを見てすぐに手を打ちます。モドリッチ投入で攻撃の枚数を増やします。
さすがにこうなると一人少ないマンUは守りきれません。
わずか3分の間に2失点して逆転です。
こうなると、マンUはアウェーゴールのために、2点以上得点しなければなりませんから大きな劣勢です。
後は、レアルが試合をコントロールして時間が過ぎていきます。

審判が試合をぶち壊したビッグマッチでした。
この試合で一番目立った人物は主審でした。
一発レッドのあとつまらない試合になってしまいました。
プレミアリーグの審判ならイエローも出ないかもしれないようなプレーだと思っているのですが。
あの審判、もうチャンピオンズリーグで審判を務められないかもしれませんね。

と、世紀のビッグゲームが後味の悪いゲームとなってがっかりしている今日この頃です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セレッソ大阪対アルビレックス新潟 [サッカー]

2013年3月2日 土曜日
最低気温 4.2℃(17:51に記録)
最高気温 8.9℃
一日中晴れ

今日の最低気温は、朝ではなく午後6時前ごろに記録しました。
今夜の日付が変わる頃が今日の最低気温になる可能性がありそうですね。

さて、いよいよ、Jリーグが開幕しました。
関西のJ1チームはセレッソだけになりました。昨シーズンのように最終日まで降格争いをするような順位にはなってほしくないですね。
優勝争いとは言いませんから、せめてトップハーフの9位以内を目指してほしいものです。

柿谷選手が近静んから「8」番を付けることになりました。モリシから数えて、2代目香川、3代目清武、4代目柿谷、と続くセレッソの栄光のエースナンバーです。
ユースの頃から飛びぬけたテクニックの選手でしたが伸び悩んでいました。昨シーズンからようやく目立つ存在になりました。
今シーズンは中心選手としてセレッソをけん引してほしいものです。
その期待に応えて、柿谷のゴールで決勝点となりセレッソが初戦勝利となりました。
報道によれば、14年ぶりの開幕勝利だそうです。

初戦勝利に喜ぶ、今日この頃です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。