So-net無料ブログ作成

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝1st leg [サッカー]

2014年4月25日 金曜日
最低気温12.1℃
最高気温24.3℃
一日中快晴

今日は旅のブログは中断して、サッカーの話題です。
今週の水曜木曜とUEFAチャンピオンズリーグ準決勝1st leg2試合ありました。
若干遅ればせながら、2試合録画で観戦しました。

アトレティコ対チェルシーの試合は予想通りの守りあいの試合でした。はっきり言ってつまらない試合でした。
特にチェルシーはアウェーだったせいでしょうが、いつものカウンターでは数人の人手をかけて攻撃しますが、この日は二人どまりです。攻撃の意志なし、状態でした。
アトレチコはカウンターのチームですから、チェルシーにボールを持たされるのですが、ポゼッションできるスタイルではありませんから攻めあぐねてました。
結果は、0-0の引き分けです。
この日はチェルシーの戦略勝ちと言った試合でした。
ただ、チェルシーは主力選手のチェフとテリーが負傷交代でその時点でアトレティコのカウンターが怖くて攻めに出られない、と言う事情もあったので仕方ないことかもしれません。
2nd Leg はチェルーも攻めに出なければなりませんから、この試合よりは面白い試合になるだろう、と期待します。

レアルマドリー対バイエルンの試合は、面白かったです。どちらも攻撃型のチーム同士ですから。
レアルは超高速カウンターのチーム、バイエルンは超ポゼッションのチーム、ボールポゼッションは25対75で、その内容を物語ってます。
しかしレアルは25%のポゼッションですがチャンスの回数はほぼ同じで互角の試合展開です。
結果は1-0でレアルの価値でした。
レアルの1点はレアルの最初のチャンスでつかんだ得点で高速カウンターでバイエルンの裏を突いた得点でした。
とてもハイレベルなカウンターでした。止められないですね。
バイエルンはこの後、レアルのカウンターをことごとく阻止します。素晴らしい守備でした。
レアルはバイエルンの強力両ウイング、ロッベンとリベリーをうまくケアしてました。5バック気味に守って再度の穴を埋めてました。
この両ウイング、スピードに乗らないと威力が出ませんが、うまくスピードを殺すように守備してました。
この両チーム、攻撃が売りですが、守備もうまい、と認識した次第です。

ピッチ上の22人が全員集中を切らさずファイトしてました。

久しぶりに気合の入った好試合を見て、喜んでいる今日この頃です。

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。